薔薇のキリム

  • 2018.01.14 Sunday
  • 16:53

JUGEMテーマ:キリム

1月28日月曜日まで、「アナトリア キリム夜話」と称して、イスタンブルから DUBBのオールドキリムコレクションを中心にお見せしています。

 

クリスマスには、Mehmet Arasさんが山口の展示会からイスタンブルに帰る前まで、「ワサビ・エリシ」に滞在してくださって、皆さんにキリムにまつわるお話をしてくれました。店主も、この機会に「門前の小僧」でお勉強。

 

Mehmetの育ったニーデ(Nığde)は、カッパドキアから山を越えて地中海に抜ける大きな街道沿いのある地方で、標高1000メートルの高原です。自然が豊かで昔は羊を遊牧していた人が多かったところ。彼のおばあちゃんも、家でキリムを織っていたそうです。

 

彼の村には1970年代になって電気が引かれ、その日「これで、夜も、子どもを寝かしつけてからも針仕事ができるわ。」と女たちが大喜びしていたことを覚えていると言っていました。針仕事は「仕事」ではなくて「遊び」。楽しみながら、「そんなことしていないで、お手伝いしなさいー!」とお母さんの声を聞きながら、「もう、ちょっと待ってー」と姉妹たちがオヤや刺繍に夢中になっていたなんて、まるで映画か絵画の一コマのようで、彼のお話から情景が生き生きと見えるようです。

 

キリムにも一枚一枚、物語があります。私はまだまだ修行半ばの「門前の小僧」ですが、今日は、「薔薇(バラ)のキリム」の話。

その一枚は、アナトリアのものとはデザインも、作り方も色合いも違う、薔薇の柄のキリム(平織りのキリムに織りながら他の横糸を差し込んだズィリ織り)。

 

アナトリアのキリムは、具象的な柄がないので、その一枚は異彩を放っていて「みにくいアヒルの子」ならぬ「黒鳥に一羽の白鳥」。モダンな色だし、ヨーロッパ風でもあり、敷物としては薄手で、一体これは?

 

実は、カラバフといって、アルメニアとアゼルバイジャンにまたがる地域、民族や国境の争いが絶えないカフカスの小さな国の1940年頃の品物でした。カラバフのトルコ名はKarabağ。この地は古くはオスマントルコ帝国の一部でした。

カラバフのキリムと言えば「薔薇のモチーフ」と言われるそうですが、薔薇の原産地だったからという説も。

 

麻地に羊毛の大輪の薔薇が咲いている3メートルの大きな布(建物内外の飾りだったのでは?)は無事、気に入ってくださるお客様の元に旅立ち、お宅のリビングを飾っています。

 

同じ布地のハギレを使ったクッションカバーはまだ「ワサビ・エリシ」にあります。

「薔薇のキリム」の一部はクッションカバーになりました。カラバフの薔薇です。
同じくカラバフの薔薇のモチーフの絨毯。1920年のもの。
DUBBのMehmet Aras。一年に一度日本でキリムの展示会を開きます。東京では「ワサビ・エリシ」だけ。

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM