「染める物語ー手描き友禅と型染の。」

  • 2017.11.17 Friday
  • 18:35

JUGEMテーマ:着物 きもの

 

今週から、保坂まき子さんの手描き友禅の着物と帯地をお見せしています。

前々から、保坂さんの型染めの手ぬぐいや小物は、「ワサビ・エリシ」でも置かせていただいて、外国へのお土産や、気の利いたプレゼントとして人気でしたが、今回は大物です。

 

店主が初めて保坂さんと出会ったのは、とある方(その方は、自称「珈琲人」の凄い方)のご紹介でした。「軽井沢」にもお店があるのよ、と訪ねて行ったのがきっかけ。

 

型染めの色鮮やかさと、ユーモアあふれるデザインもオリジナルです。猫の顔が一杯に染め抜かれた手ぬぐい、その猫の額には「猫」の漢字が。鯛を染め抜いたデザインには「taiyaki」と「鯛」の文字。「どういうこと?」

 

今年の夏「保坂さんの手描き友禅(本当は手描き友禅の作家です)が見たいです」と無理を言って作品を見せてもらったら、それがまた、素晴らしい。色留め袖あり、訪問着の柄が「島のいきもの」「祭り」「四季の花」など斬新だけど、奇抜ではなく、上品でどこにもない柄でした。

 

「染める物語ー手描き友禅と型染の。」展は11月27日月曜日までやっていますが、着物と帯は広げてご覧いただけるのは20日月曜日までです。目の保養にどうぞ、いらしてください。

 

保坂まき子さんの紹介ページを見つけました。

保坂さんに会うきっかけを作ってくれた「焙煎工房 何必」。珈琲が好きな方、一度はぜひ。

 

黄色の帯地。お太鼓は凜々しい猫の海賊(?)前は、なんと魚の骨。

こんな訪問着を着てみたい。「島の生きもの」

「島の生きもの」アップで見ると。

「ニット男子部」と「yarn bombing(毛糸爆弾)」

  • 2016.12.10 Saturday
  • 15:28

 

JUGEMテーマ:編み物

先週の日曜日12月4日に、「ワサビ・エリシ」初の「yarn bombing(毛糸爆弾)」イベントがありました。

作ってくださったのは、「スマイルニット倶楽部 ニット男子部」の皆さん。そして、一緒に飾り付けとしてくれたのは、ご近所や店のお客様やお友だち。

 

年末まで、ずーとこのまま、カシの木を温かく包みます。連日、写真を撮る方で店頭賑わっています。どうぞ、店内までずーと見に入ってくださいね。

 

■「スマイルニット倶楽部 ニット男子部」の活動はこちら。やる気のある会員随時募集中。(ただし男子限定。)  www.facebook.com/KnitGuys/

 

店の中から見ると、こんな感じ。

きのこに芋虫。リアルかつキュート。

 

ニットガイたちによる飾り付け。いつもと違う感じの人が「ワサビ・エリシ」の前で何やら何やら??この後、ご近所のちびっこちゃんたちも参加。

午前中の「ニット男子部」の定例会の様子。右にあるのが幹用の腹巻。「何を飾りつけようか?」黙々と小物製作中の面々。

 

 

 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM