「染める物語ー手描き友禅と型染の。」

  • 2017.11.17 Friday
  • 18:35

JUGEMテーマ:着物 きもの

 

今週から、保坂まき子さんの手描き友禅の着物と帯地をお見せしています。

前々から、保坂さんの型染めの手ぬぐいや小物は、「ワサビ・エリシ」でも置かせていただいて、外国へのお土産や、気の利いたプレゼントとして人気でしたが、今回は大物です。

 

店主が初めて保坂さんと出会ったのは、とある方(その方は、自称「珈琲人」の凄い方)のご紹介でした。「軽井沢」にもお店があるのよ、と訪ねて行ったのがきっかけ。

 

型染めの色鮮やかさと、ユーモアあふれるデザインもオリジナルです。猫の顔が一杯に染め抜かれた手ぬぐい、その猫の額には「猫」の漢字が。鯛を染め抜いたデザインには「taiyaki」と「鯛」の文字。「どういうこと?」

 

今年の夏「保坂さんの手描き友禅(本当は手描き友禅の作家です)が見たいです」と無理を言って作品を見せてもらったら、それがまた、素晴らしい。色留め袖あり、訪問着の柄が「島のいきもの」「祭り」「四季の花」など斬新だけど、奇抜ではなく、上品でどこにもない柄でした。

 

「染める物語ー手描き友禅と型染の。」展は11月27日月曜日までやっていますが、着物と帯は広げてご覧いただけるのは20日月曜日までです。目の保養にどうぞ、いらしてください。

 

保坂まき子さんの紹介ページを見つけました。

保坂さんに会うきっかけを作ってくれた「焙煎工房 何必」。珈琲が好きな方、一度はぜひ。

 

黄色の帯地。お太鼓は凜々しい猫の海賊(?)前は、なんと魚の骨。

こんな訪問着を着てみたい。「島の生きもの」

「島の生きもの」アップで見ると。

コンテンポラリー・ジェエリーの世界

  • 2017.10.12 Thursday
  • 17:43

JUGEMテーマ:アートジュエリー

 

一週間前のこと。今年西新宿の元歯医者さんだったスペースを改装して、オープンした新しいギャラリー「ヘットラボアトリウム」に行ってきました。(心なしか、消毒液の香りが漂っています。)

 

アートジュエリー展「Obsession of Process」(どう訳します?「偏狂的プロセス」?)のオープニング。タイトルからして、とてもコンセプチャルです。

 

大雨の中、建物の中に入るとそこは別世界。ストイックな空間に、レバノン、イギリス、イタリア、チリのアートジュエリー作家のそれぞれの作品がずらり。オーナーの小林初子さんご自身も、ベルギーのアントワープでお勉強されたジュエリー作家です。作品を見せていただきながら、お話が弾み、私の頭と感性に心地よい刺激が。。。

 

アートジェエリー=コンテンポラリ・ジュエリーとも言うのですね。アートとジェエリーの融合。憧れます。

 

「Obsession of Process」2017.10.6(金)ー10.22(日)(水休)

ヘットラボアトリウム のブログ http://laboatrium.blog.jp/

 

あ、ありました。雨の中、闇夜に輝くサインボード。

素材は、何か、とても気になります。有機的。

ギャラリー オーナーの小林初子さんの作品。刺繍を施してあります。

これもジュエリー。

 

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM